2007年06月20日

『キサラギ』

昨日、仕事も早く終わったので映画を見てきました。
地元ではやらないので、札幌まで行って(笑)
ネタバレもございますのでご了承を。。。


見てきたのは、『キサラギ』
ほとんど、キャスト5人で構成されている映画でした。
オダ・ユージ(ユースケ・サンタマリア)、家元(小栗旬)、スネーク(小出恵介)、安男(塚地武雅)、イチゴ娘(香川照之)の5人。
ネットで知り合ったこの5人は、自殺したアイドル・如月ミキの一周忌にて初めて顔を合わすんです。
とにかくこの5人はミキちゃん大好きで、この会を主催した家元はじめ、自分のコレクションや自慢のものを見せ合ったりして。
なんかこういう感じ、すご〜く分かります。
なんだか他人事とは思えない感じでしたね(笑)

と、最初はすごく楽しくみんなで語り合うんですけど。
ふと、オダがミキの自殺に疑問を持ちだし、殺されたんだと言い張るんです。
そこで思わぬ展開に。。。犯人は一体誰??
そうしてみんなで推理をし始め、互いを疑い始めるんです。
実はある1人を除いて、ミキちゃんと深い関わりがあってだんだんとみんなの正体が明らかにされたり。
何もつながりがないその残された1人は、1人落ち込むんですけど。
でも実はとても重要なつながりがあったんですね。
最後にはちょっと温かくなれる展開で、ちょっとホッとしました。
最後まで展開が読めない感じでしたね。

それにしても、ただひたすらある一室でのやり取りな映画でした。
でもすごく面白くって、舞台を見てる感覚でしたね。
とにかく5人のやり取りが面白い!個性的なキャストが集まってるし。
ユースケさん演じる役が、なぜ名前が「オダ・ユージ」なのかもずっと気になってたのが、やっぱりそうなんだ〜みたいな(笑)
ユースケは、役者としての彼はすごく好きなんですよね(笑)
改めてなかなかいい役者だな〜なんて思いました。
香川さんの独特な雰囲気も笑えるし。
5人がちょうどいいバランスで、とても見やすかったです。
これは札幌まで見に行った甲斐があった気がします。
私はとっても気に入りました。もう1回見たいなぁ。
あ〜これは、ちょっとDVDが欲しくなるかも?!(笑)


posted by ミュウ at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | CINEMA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。