2009年06月22日

Naohito Fujiki Live Tour ver9.0 "10 COUNT TOUR" in 札幌

藤木直人10周年ツアー、札幌ライブに行ってきました〜。
雨降るかなぁと思ったら意外と降らない天気で、長傘を持っていったらヒジョーに邪魔でイライラしました(笑)
そしてそして、毎回気になるデコトラですが。
トラックの後ろの部分だけ今回のツアーロゴがついてるぐらいで、側面は何もありませんでした。
これもちょっとしたエコでしょうか??
写真すら撮ってきませんでした。。。ちょっと後から後悔(笑)

さて内容を。
いつものように、語った言葉や順序が違うかも知れませんがご了承ください。
何となくつかんでいただければと思います。
ヒジョーに長いので心して読んでください(笑)
絵文字とか色とか、長すぎて面倒なのでこのまま載せることをお許しください(爆)



セットリストは今までと変わらないと思います。

1.世界の果て 〜the end of the world〜
2.パーフェクトワールド
3.タイムトラベル
4.星屑の海
5.アイネ・クライネ・ナハト・ミュージック
6.サンクフル☆エブリナイ

〜Tour ver0.0〜ver8.0までの映像〜

<アコースティックコーナー>
7.sofa
8.anon 〜夏バージョン〜
9.メドレー
SPYDER 03 〜ロックスパイダーより愛をこめて〜 
Sweet
ナイフ(CDには入ってない曲)
生きなくちゃっ
10.Little Wing (マーチングバンド的?)

〜シングルセールス Best10〜
10位:2 HEARTS
9位:CRIME OF LOVE
8位:Flower
7位:シュクメイ
6位:天使の虹
5位:So Long...
4位:Wonderful Days
3位:anon
2位:HEY! FRIENDS
  〜ここまで映像

<ピアノコーナー>
11.パズル (ランキング1位)
12.月世界

13.CRIME OF LOVE
14.Steppin' Stone
15.恋のROCK 'N' ROLL! DRIVE!
16.コズミックライダー
17.奇跡のロックスター
18.SAMURAI FUNK (1コーラスのみ)
19.愛のテーマ (1コーラス 愛のセリフあり)
20.HEY! FRIENDS
21.everything

〜アンコール〜
22.いいんだぜ〜君がいてくれれば〜
23.OH! BROTHER!


私は今回のツアーは初参加なので、違う部分もたくさんあるかと思いますが、覚えてることはとりあえず書いていこうかと思います。

始まる前は、赤い(だったかな?)幕がステージにあって、そこに今回のツアーロゴが真ん中にあって。
時間が近づいてくると、スタッフがその幕の前にスタンドマイクを置いていきました。
ん??これってどうなるんだ??
ようやく最後のアナウンスが流れる。
「本日はNAOTO FUJIKI LIVE TOUR・・・」んん??ナオトだと?!
ちょっと会場内もどよめきました。名前を間違えることほど失礼なことはありませんよ・・・。

そんなことを思いつつ、ついに暗転。
幕が開いて、その奥から直人くんが出てくるのかと思ったら・・・。
スタンドマイクにまずスポットライトが当てられ、袖から普通に直人くんがスタスタと登場してきてビックリ(笑)
手にはもちろん白のレスポールのギター。ツアーのロゴが付いてたような・・・それがかわいかったですね。
そして噂には聞いていた、今までにない髪型。
右側はちょっとパーマが強め?になっていて、左側はちょっと編みこみみたいにして耳を出している状態。
なんか水嶋ヒロってこんな感じの髪型してなかったっけ?みたいな(笑)
残念ながら私はステージ向かって左側にいたので、直人くんの右側ばかりが見えてちょっと残念。
まぁあちこち動いてくれてるので見れたのは見れたんですけどね。
ただ編みこんでない部分のパーマがなんともモッサリしているのが気になりました(笑)
そして衣装。ジャケットは結構かっこいい感じだったんだけど、問題はパンツ。
思いっきり、あの佐山道夫のパンツでした(爆)あの薄いパープルみたいな色の。
それが、上は結構衣装チェンジがあるんだけど、下だけはアンコール前までずっと一緒でとっても残念。。。
それならいっそのこと、ジーンズでいて欲しかった・・・。

で、最初の曲はデビュー曲である「世界の果て〜The End Of The World〜」。
最初は直人くんのみのギター演奏でのソロ、そこからイントロでバンドが加わって。
私はなんとなく今年は10周年だから、絶対にこの曲はオープニングだろうとなぜか確信を持ってたんです(笑)
それが現実となって、この曲も好きだったし、ライブでもなかなか聴けない曲だったのですごく嬉しかったです。
10年経ったんだなぁとか思ったり、私も10年とは言わないけどその何年間はずっと関わってきたんだなぁ思うとすごくジーンときて泣きそうになりました。
バラード系で始まるのってこれが初めてかも?こういう始まり方もいいもんだなぁと思いました。

「札幌の皆さんこんばんは〜!」
そしてここからテンポアップで、「パーフェクトワールド」に。
最後のサビの部分はみんなで合唱。さすがにちょっと会場の声が小さかったのか割りと直人くんも歌ってたかな?
次の「タイムトラベル」ではやっぱりサビの部分でみんなグッズのタオルをクルクル。
直人くんもとってもニコニコしていて、こっちまでニコニコしちゃいました。
他の会場参加した人たちに聞くと、こんなにまで最初からニコニコしてなかったとか。
相変わらず全体を見るように歌ってくれていて。
そうそう、残念ながら2階席の方はガラガラだったみたいですが、そんなことはどうでもいいくらい会場も盛り上がってた気がします。

「北海道はやっぱり寒いね・・・」やっぱそうきたか(笑)
札幌は前日の夕方に入ったそう。
その前の日は新潟でのライブで、新潟の浜辺でスタッフとバンドのメンバーと一緒にバーベキューをしたそうです。
新潟はとても暑かったそうで、そんな状態で来たら千年に着いたら「寒っ!」って(笑)
「僕、短パンで着たんですけど・・・」そもそもそれがおかしいでしょっ!(爆)
「白い恋人の看板の温度計(きっと電車から見えるあのことでしょう)が10度だったよ。あれ壊れてんじゃないの?!」って。
「でも北海道は寒いですけど、この会場は熱く盛り上がっていきましょう〜!」的なことも言ってました。

CDデビューして10周年を迎えたということで、会場からのおめでとうコールと拍手。
そしてそれを記念してアルバムも発売。
そのニューアルバムから「星屑の海」も歌ってくれました。
この曲、最初聴いた時に一番最初に好きになった曲だったので嬉しかったです。
割りとキーが高い曲だったけれどちゃんと声も出てたし良かった。
「サンクフル☆エブリナイ」ではダンスメンバー・カラマリのター坊と達也が登場。
みんなペットボトルを持って踊ってましたね。

途中、ステージ中央のスクリーンに映像が。
過去のライブ映像がちょこっと紹介されました。
ツアーもver.0.0から始まり、途中5.1ってのもありましたが今回ver9.0。
私は3.0のライブには間に合わなく、4.0からの参加だから今回は7回目のツアー。
長く私も参加してたんだなぁと、過去の映像を見ながら思い出してました。

そして映像が終わると、ちょっとアコースティックなコーナーへ。
直人くんも座ってのギター演奏。
スローナンバー「sofa」も久々に聴けて嬉しかったです。

ここでちょっとMCも多かったかな?
毎回恒例のラーメン話(笑)直人くんは普段ほとんどラーメンを食べないので、ツアーで地方に行った時に食べるそう。
大体札幌では味噌ラーメン、九州では博多ラーメンで年2回ぐらい?
でも今年東京で食べちゃったらしいです。
この「食べちゃった」って言い方がなんか可愛かった(笑)
なので札幌は今年2回目のラーメンだそうです。
月見軒というラーメン屋さん。でも何年か前にもライブでその話してたよね?
前回同様またちょっとリアクションが悪かった気がする。直人くんも「あまり有名じゃないのかな?」って。それも前言ってた(笑)
直人くんは味噌にしたんだけど、他の人が醤油を食べてたらしく、ちょこっともらったそうです。
「なんか醤油の方が美味しかったんだよね〜。なんかあっさりしたものが好きになったのかも。年かな?」なんて事も言ってました(笑)

10周年だし、色んな曲をやりたかったんだけどなかなかな出来なくて。
なので今回初めてメドレーを取り入れたそうです。
「SPYDER 03〜」では、今までの役どころを歌う部分が、「アラフォー」「ホタルノヒカリ」「ギャルサー」「夜光の階段」「20世紀少年」の役どころが増えてました(笑)
定番曲「anon」では、今回久しぶりの夏のツアーだったのでちょっと夏気分にアレンジされてて可愛かったです。

そしてなんと言っても私の一番大好きな曲「Little Wing」を歌ってくれました。
この曲は当時スタッフたちとみんなでバス移動していたツアーの時、札幌から新潟へ行くフェリーの中で、当時のバンドnothingのメンバーと一緒に作った曲。
当時移動で18時間もかかってお尻も痛かったとか(笑)
そうそう、今回は新潟から札幌に来たから逆なんだよね〜なんて話も。
私も初めて好きになった曲で今も一番大好きだし、以前直人くんもこの曲は大好きだって言ってたので嬉しかったんです。
今回はマーチングバンド的な感じ。
ホーンセクション・オキアミホーンズの3人とカラマリの2人が加わって。達也くんはトランペットを吹けるみたいでビックリ。
ター坊は前に立つ、バトンを振る人をやってました。
直人くんは最初座りながらギターを弾いてて、マーチングバンドは左に行ったり右に行ったりしてたんですけど、最後の方で直人くんも加わって楽しくやってました。
こんなアレンジされるとは思ってなかったのでビックリでしたが、やっぱりいつまでたっても好きだなぁこの曲。
最後にはみんな並んで歩きながら袖へはけて行きました(笑)直人くんは会場に手を振りながら可愛い笑顔でした。

この後も映像が。
今度は過去のシングルのセールスランキング。
10位からシングルのジャケットとPVが一緒に流れて紹介されてました。
そして1位はやっぱり「パズル」だったんだね〜。
パズルはピアノの弾き語り。これもなんか久しぶりな感じで嬉しかったです。
もう1曲弾き語りでニューアルバムから「月世界」を披露。これがめちゃくちゃ良くって、またちょっと泣きそうに(笑)
もともとCDでもすごく良くて、これまた絶対ピアノ弾くだろうと確信していたので(笑)
これもキーが高めなので心配でしたが、すごく声も出てたしこんなに上手かったっけ?って思うぐらいでした(爆)

ここまで最初の映像から座りで見ていたんですが、この後から後半戦。
最新シングル「CRIME OF LOVE」を披露。やっぱMステで聴いた時と全然違う(笑)こっちの方がのびのび歌っててすごく良かったです。
緑の光線がステージからのびてとてもキレイな演出。
ドラマの話もしてくれてましたね。
「あのドラマ、どうだった?」っての問いかけに、ちょっとビミョーなリアクションだったりしていて(笑)
でも「良かったよ〜」なんて声も聞こえました。
名フレーズ「殺して」っていうのがあったんですが、最後の方で荻野目慶子さんに「殺して」って言われて、「なんでこの人はこのフレーズ知ってんだよって思った」って(笑)
あと首を締めて殺すしか思いつかないのか?なんて突っ込みもあったり(笑)
「ツッコミどころ満載でしたけど、とても勉強になったし、僕にとってキョーレツな印象を持たせてくれたドラマでした」と。
途中、男性の野太い声で「道夫〜!!」「殺して〜!!」って声が(爆)
ちょうど曲の合間で、汗拭いたりで後ろに行ってた直人くんが笑いながらマイクスタンドへ向かい、「・・・殺してやる」と。
それがあのドラマで聞いたどれよりもセクシーでした。
会場からもキャーキャーと歓声が(笑)

さてここから怒涛のアップテンポとダンスが始まり(笑)
7曲ぐらいダンサーが出てきて踊りまくり、その振り付けを真似て会場が踊るパターン。
過去の曲はだいたい覚えてましたが、やっぱり新曲はついて行けない・・・。
「奇跡のロックスター」では直人くんもギター無しでダンスをしながら。
その振りも可愛かったけど、真似できなかった・・・。でもホントに楽しかったなぁ。

去年初めて舞台「冬の絵空」というのに主演した直人くん。
歌舞伎役者という役で、何度も殺陣の練習をしたそうです。
でも舞台も数箇所しかやらないし、ましてや北海道の人たちもなかなか見に行けないだろうってことで。
なのでライブに取り入れてみようと、初めての試みで殺陣を披露してくれました。
直人くん、ダンサーの2人が青い光の剣(ダースベーダーが持ってるやつみたい?笑)で3人でかっこよく披露してくれました。
「愛のテーマ」も久々に歌ってくれました。
愛のセリフも最後には「なんまら好きだぁ〜」って。これまた地方で変わりそうですね。
「HEY!FRIENDS」では会場一体となってパラパラを踊り。もう汗だくです・・・。

この怒涛のダンスにかなりハァハァだったらしく、この後ちょっとしゃべるのがなかなか出来ずにいて。
会場から「お疲れ様〜」って声が。その声に向かって冗談っぽくギロッと睨み付け(笑)
あれこれつめ過ぎたようでしゃべりもちょっとハァハァな感じでした。
「もうダンスは今回で最後かもしれないし」に会場が「えぇ〜?!」
「最近腰が痛くってさぁ〜」って笑ってました。でも36歳あれだけ踊るのはなかなかすごいことですよ。

そして最後の曲となりました。
そう直人くんが言ったときの会場のリアクションがいまいちだったらしく。
「何かリアクションがいまひとつですが・・・」なんて言ったら会場が大きく「えぇ〜?!」と言い直し。
もう一回「次が最後の曲になりますが」って言ったら大きな「えぇ〜?!」って。
やり直しをさせたことに反省したのか、「スイマセン、僕が悪かったです」って(笑)それがまた可愛かったです。

10年ここまでやってこれたのも、こうやって応援してくれてライブにも足を運んでくれる皆さんのお陰です、と感謝の気持ち。
そんな想いを「everything」という曲に込めてくれました。
作曲はバンドのメンバーでキーボードの坂和也さん。
坂さんも、ここ何年か直人くんと関わってきて、坂さんなりの直人くんに対するイメージを表現してくれたそうです。
シングルに収録されて何度も聴いてて、すごく曲調も直人くんにピッタリだなぁと思ってて好きな曲でした。
とても気持ちよく、素敵な笑顔で歌ってくれました。


一度みんなはけて、アンコールへ。
直人くんは今回のツアーTシャツを着て登場。下はジーンズ、良かったぁ(爆)
もう1つ「イケ麺そば屋探偵」というドラマをやっていて、その主題歌「いいんだぜ〜君がいてくれれば」を披露。
このドラマは残念ながら北海道では放送されていないんですよね。
「それが実は7月も延長してドラマが続くという、まったく北海道では関係ない話なんですけど・・・」って(笑)
会場から「見た〜い!」の声が。「テレビ局へ投書してください」と直人くん(笑)多分とっくにみんなやってると思うけどね・・・。

最後の最後はやっぱり「OH!BROTHER!」
これもみんなで振り付けを踊ってました。
メンバー紹介、それぞれ終わって最後に「そして、ボーカル藤木直人でした!」
メンバーみんなにわぁ〜と両手でキラキラと立ててもらい、ちょっと照れ笑いが可愛かったです。
みんなで一列になって手を繋ぎ、「ありがとうございましたー!」と深々とお礼。
あぁこれで終わっちゃったぁ。。。
マイクスタンドに残ってたピックを全部会場のあちこちに投げてくれて、微妙な位置にいた私はさすがに取れませんでした・・・。
端の花道に近かったので、そこまで来てくれたのは嬉しかったです。
あとは、本人もMCで言ってましたが、子供率が高くて(笑)
子供好きな直人くんはピックを手渡ししてました。
割りと男性も多かったし、男性にも渡してた気がします。
最後の最後までみんなに手を振り、「ありがとう〜」といっぱいの笑顔で何度も言ってくれました。


前にも書きましたけど、ホントに終始笑顔でいつもながら楽しそうだなぁという感じで嬉しかったです。
ダンスも多かったので、ちょっと間違えたりして照れ笑いもあったりして。
歌詞もちょっと間違えたのかな?ってな顔も見れたし(笑)
そしてメンバーとのアイコンタクトするときや、大好きなギターを弾いてる姿はホントにいい表情してるんですよね。
衣装チェンジの時とかで袖へはけるときも、深々とお辞儀をしていったりするところもいつもながら。
そして昔からだったそう、「そうそう」って言う口癖も聞けたし(笑)
割りと私も口癖だったりしますがね(笑)
最後の曲で、後ろのスクリーンには結構昔の映像とかも流れたりして。
ホントに色んな人たちと関わってきて、色んな人たちに支えられてきてるんだなぁなんて思いながら見てました。
最初は、バンドのメンバーも変わってすごく嫌だったけど、こうやって過去のメンバーが映像として出てくるのがちょっとビックリでした。
でもこれも10年積み重ねてきた中での出来事の1つだし、それがあるからこそ今も繋がっていけるんでしょうね。

記念すべき10周年のツアーは、ホントに盛りだくさんですごく楽しませてくれました。
直人くん、メンバー・スタッフの皆さんお疲れ様でした。
これからまだまだ続くツアー、頑張って乗り切って欲しいと思います。

あとは来月の東京を楽しみに待ちたいと思います。

posted by ミュウ at 15:53| Comment(5) | TrackBack(0) | 直人ツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホントに、今回のツアーは 10周年ということもあるのか、
直クンニコニコなんですよね。
そして、いままでにも増して 頑張っている子がして・・・
そしてそして、何よりも 可愛い!
もうホントに、カッコいいんだけど 可愛いのよね。
フリもかわいいし、トークも何もかもが・・・

これから、暑くなるし、暑いところにも行くので、体調には気をつけてほしいですよね。
Posted by ヒロリン at 2009年06月22日 21:59
>ヒロリン
ホントにニコニコしてましたね。
そうそう、頑張って色んなことで楽しませたいっていう気持ちが伝わってきました。
ってまぁそれは毎回のことでしょうが。
かっこいいんだけど可愛いんですよね。
それが魅力なんでしょうね。

まだまだこれからライブも続くし、とにかく体調には気をつけて欲しいですね。
ファイナルには最高の笑顔が見られるんじゃないかと楽しみです♪
Posted by ミュウ at 2009年06月22日 22:15

ちょっとした、ドキドキがほしいな
http://s1dmejm.love.chu-g.net/
Posted by 夏だからね at 2011年08月03日 16:38
運命ってことば信じてる?私は信じてる。言葉にすると乙女過ぎて笑えるけどそういう感覚ってない?「あっ、この人と結婚するな」とか相手との結婚生活のビジョンが見えたり。そういうのって運命ってことじゃないかなぁって私は思ってる。だから一期一会大事にしていくつもり
Posted by 出 会 い at 2012年01月19日 08:45
逆援系って大概年増ってイメージがあったけどこのサイトはみんな20代前半の女性達ばかりが登録してるみたい。ちゃんと写メも載せてくれてるし要望も明確に記載されてるから選びやすい!今日はこんなプレイがしたいからこの子!とか今日はいくら欲しいからこの子とか自分の家に近いこの子とか日替わり近距離で遊べるのが魅力です!
Posted by 近 距 離 逆 援 セ レ ブ at 2012年02月04日 03:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。