2006年02月24日

『小早川伸木の恋』第7話。

さてさて、第7話ですが。
妙子には潤くんが、カナには仁志が。
そして相変わらずの伸木だし・・・(笑)
何とか努力しようと、毎日のように記念日を祝ったり。
でも結局・・・「あの頃の俺たちには戻れないんだ」と最後には。
ようやく決心して、家を出るようですね。
とやっと気持ちが固まったと思ったら・・・最後の仁志の発言にえぇ〜?!ってね(笑)

仁志には、妙子の気持ちが理解できてるんですね。
ってことは、やっぱり自分と似てる部分があるのかしら?
なんだか仁志を目の前にしてる妙子が、一番自然でいられてる気がするんですけど。

今回は、なんだか竹林先生がメインな感じでしたね〜。
こんなに最初のイメージとガラッと変わるのもなかなかないかも?
最後まで嫌なヤツなのかな〜と思っていたので、
今はなんだかとても好感を持てるんですよね。
でも次週の予告では、病院を辞める感じにまで?
どうなっちゃうんでしょ〜?って今完全に『竹林隼人の恋』になってますね(爆)

そして〜。沼津先生は相変わらずウザイですね(爆)
色んな人に(と言っても伸木と竹林だけか 笑)相談してばかり。
っていうか、そういうシーンしかないよね?
まぁとりあえず、最後にはどうなるのか適当に(笑)見届けておこうと思います。

次週の予告にまた気になる部分がたくさんありましたね〜。
え?キスするの?しないの?とか(笑)
竹林先生も気になるところだし、師長はお腹を痛めてるし(笑)
色んな要素が詰まってますね〜。


なんだか、ドキドキしながら見ていた私(笑)
「もう1人で泣かなくていいよ。」
「やっと会えた。。。もう離したくない。10年間ずっと好きだった。」

えぇ〜!?10年間なの?ってちょっと突っ込みたくなる部分もありましたが(笑)
同棲していた彼女は?やっぱり軽い気持ちで付き合ってたんだ?とか。
そんなことを思いつつ、なんだかこの言葉や表情にすっかりやられておりました☆

妙子とのシーンも良かったですね。
何気に「違う?」って言い方とか、「損な性格なんだよ」って時の表情とかいいですね〜。
「あぁ。きっとね。」笑顔が素敵です☆

カナが自分に向いてないと分かっていても、何度も訪れる恭介さん。
「そろそろ、幸せになってもいいんじゃない?」
そう言ってカナを見る表情がいいですねぇ〜☆今回一番のツボかも?

そして最後には「カナさんと、結婚することにした」発言。おっ、いい顔してるねぇ〜♪
果たしてそれは、ただ恭介さんだけが言ってることなのかどうなのか?
伸木のカナへの想いを諦めさせるため?

次週はもっと気になりますねぇ〜。
キスをするのか?しないのか〜?
しかも・・・メガネ取ってたわね〜!!(爆)
なんだかメガネ姿が慣れてしまっていたので、すっかり見逃すところだった(笑)
それから気になったのが、「彼女に会いに行ってくれないか」っていう発言。
またいい顔してましたね〜♪ってそうじゃなくって(いや、それもそうだが 笑)
これは誰のこと?妙子?カナ?
なんだかHPでの次回の内容を見ると・・・やっぱり妙子のことかしら?
そうだとすれば、ちょっと仁志の嫌〜な部分が見られる??
そんな部分が見られるといいな〜と期待しつつ、来週を楽しみにしたいと思います。
posted by ミュウ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 小早川伸木の恋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13731011

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。