2006年03月10日

『小早川伸木の恋』第9話。

まずは、いや〜切ないっ!!
仁志の行動、言動にただただ切なく辛く、ウルっときてしまいましたよ。
すっかり仁志恭介に感情移入しております(笑)
まぁ仁志に関してはまた↓で書くとして〜。

先週の話で、カナに会ってくれと仁志から頼まれる伸木。
なんだかんだ言って、やっぱり2人はお互いに忘れられない。
メールで話をしてみたり。
仁志がまた引き合わせたおかげで、伸木の気持ちがやっと固まった??
と・・・今度は、訴えますか、妙子さん(笑)
ホントこの2人には疲れます。。。

それよりも気になっていた、竹林隼人の恋
いきなり「結婚してください」って〜!(笑)
でもこれはかなり竹林先生にとってはすごいことなんですよね?
何はともあれ、おめでとうございます〜!!
もうね、ここだけが微笑ましい〜☆(笑)

沼津もいまいち〜な感じですが、決心がついた?
お〜上手くいったか〜?と思ったら、まだなんかありそうですね。。。

次週は、みーちゃんいなくなる??なぜに??
そして裁判ですか。。。なんかこういう展開はどうもなぁ・・・。


今回は、さらにさらに恭介さんに感情移入。。。

先週から、伸木をカナのところへ行かせたりして。
それは、カナの気持ちをハッキリさせたいってこともあったからで。
「不安だったから。カナさんが伸さんのこと忘れてないんじゃないかと思って。」
先週のキスのかわしといい、やっぱりなんとなくぎこちない雰囲気がどうも・・・。
そしてそんなときに、あの書き込みの内容。
あ〜見ちゃった〜!!とついつい口に出してしまいましたが(笑)
「想いを封印」そりゃあそんな言葉を見てしまったらもうダメですよね。
あ〜辛すぎる!!

そして結局は、カナを伸木に託してしまう。
「彼女の相手は俺じゃない」
「分かってたんだ。…でも認めたくなかった。」
「伸さんに託すよ。彼女を幸せにしてあげて。」

もうどれもこれも、切な過ぎます・・・。涙が出ます。

恭介さんは「もっと早くこの答えにたどり着いてあげるべきだった」って言うけど。
それは恭介さんが思うことじゃなく、カナや伸木がその答えを出すべきだったのでは?
もっとこの2人が、自分の気持ちに正直になっていれば〜。
だったら、こんなに恭介さんも傷つくこともなかっただろうに。。。
って、かなり恭介さん中心に考えている私ですが(笑)
婚姻届を破り、ちょっと笑みを浮かべる表情もまた切なくてたまりません。
赤いアストンマーチンに寄りかかり、電話をする恭介さん。
こんな切ない表情も見せて・・・。やっぱりやられちゃいますねぇ〜。

そして最後には、事務所に妙子が乗り込んでくるし。
ここでもやっぱり切ない言葉が。
「好きだよ。好きだから、伸さんに会わせたんだ」

誰かぁ〜この恭介さんを幸せにしてあげてぇ〜!!(訳分からん 爆)


全然ストーリーと関係ないですが。
恭介さんも7月生まれなんですねぇ〜(笑)
しかも13日だし、6日違いだ〜(爆)

posted by ミュウ at 20:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 小早川伸木の恋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14546725

この記事へのトラックバック

「小早川伸木の恋」の第九回。
Excerpt: 「満点の夕空に昇る君の魂。。。」 このドラマの主題歌、ナナムジカ「くるりくるり」の冒頭。 いい歌いだし。 くるりくるり 伸木の中で、カナへの想いはどんどん昇っていく。 今回はいつにも..
Weblog: mountain77 D.Reverse side
Tracked: 2006-03-11 02:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。