2006年05月26日

『ダヴィンチ・コード』

ようやく、今日見てきました。
『ダヴィンチ・コード』とにかく話題になってますね。
しかも映画もかなりの動員数だとか??すごいです。
私は、原作を読まずに映画を見たい派なので。
とりあえず、映画を見てから原作を読むか読まないか決めるんです。
もうちょっと予習をしておけばよかったな〜と思いましたね。
ここ最近でやっていたテレビでの特番も結局見れてなくって。
なんとなく、以前直人くんもやっていたあの番組をちょっと見たぐらい?(笑)
そんな感じで今日の映画に臨みました。


率直な感想として、やっぱり難しい内容かな〜と。
まぁこれは全部が事実ということじゃなくて、あくまでもフィクションですけど。
ある程度、やっぱりちょっとした知識が必要なのかなと。
私は歴史とか大の苦手なんですけど、高校の時に倫理としてキリスト教のことをちょっと授業で勉強したことがあって。
それは結構面白かったんですよね〜。もっと詳しく知ってればもっと楽しめたかもしれないですが。

それでも、単なる暗号解きのミステリーという点ではやっぱり面白い気がしました。
もともと、そういう暗号とか推理とかって好きなほうなんですよね。
今回、アナグラムという文字などを並べ替える暗号が出てきたり。
中心人物となる、ラングドンとソフィが謎解きをしていって。
ある秘密を探り、守るために必死になるんだけど。
最後には、その秘密が実は最初考えられていたものと違ってたっていうのは
面白かったですね。
色んな部分でハラハラドキドキさせられました。

イエスに関しても色んな説が出てきて、果たしてそれはホントに真実なのかどうなのか。
もっと色んな部分を知ってみたいな〜と思いましたね。興味深かったです。
ダヴィンチの書いた「最後の晩餐」にも色んな謎があったりして。
それは、ダヴィンチが意図的に書いたものなのか、それも定かではないですけど。
それにしてもやっぱり、ダヴィンチってすごいわ。

もう一度見たら、もっと理解できるでしょうか(笑)
時間があればもう一度じっくり見てみたいものです。
原作も読んでみたいと思いました。

ダヴィンチってことで、この映画の舞台にもなっているルーブル美術館。
以前に姉と行ったのを思い出します。ちょっと懐かしい部分も見れたり。
あのピラミッドがまたとってもキレイでした。
また行きたくなりましたね。

ちょっと長くなってしまいましたが(笑)
気になる方はぜひ映画館へ〜♪


posted by ミュウ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | CINEMA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。