2006年05月29日

『ギャルサー』第7話。

第7話が終わりました。
今回は一ノ瀬とサキの話が同時進行でしたね〜。
一ノ瀬は実家のお寺を継ぐかどうかで、サキは代表代理でしかもパラパラ甲子園に出るメンバーに。

シンノスケは実家に帰る一ノ瀬と一緒に。
いきなり親父さんと対決するし(笑)同じニオイを感じるこの2人。
警察官を続けていきたいのか分からない一ノ瀬に、
親父さんとシンノスケはわざとに厳しく当たる。
この2人のおかげで、警察官という仕事がやっぱり好きなのだと気づかされるわけですね。
「お前の自由に生きなさい。
生まれてきた命大切にするなら何をしてもいい。それが親の幸せだから。」

シンノスケがアメリカの両親に言われた言葉もいいですね。
「お前必要とされていないと働かない。そんなオマワリ必要ない。」
そう言ってシンノスケは渋谷の警察官に(笑)
そんな姿を見て、ようやく一ノ瀬もやる気が出たようで。良かったぁ〜。
親父さんも言ってましたけど、いい友達を持ったね〜(笑)

こっちは落ち着いたけれど、サキの方はどうなることやら。。。
だんだんとギャルサーにも居場所がなくなるサキ。
どうなっちゃうんだろう??
そしてイモコは一体・・・。気になる部分がありましたね?
え?レミと関係があるの?レミとあのブス(?)との関係は??
だんだんと話が動いてきて、最終回に近づいてる感じですね〜。

それにしてもやっぱりシンノスケはかわいいです。
そして以前のライブトークでちらっと話に出たお風呂のシーン。
やっぱり帽子は取らないのね(笑)
ちゃんと見れて良かった〜。
しかも今回は、警察官姿やお坊さん姿(でもやっぱりテンガロンハット 笑)も見れてお得な気分♪
どれも似合ってました〜。

何気に、私的に今回一番好きだったのは、あの食べっぷり(笑)
いや〜かわい過ぎです。
親子で話してる中、必死に食べてましたね(笑)
しかもいつもフォークで食べてるけど、ご飯がとても食べづらそうで(爆)
いつもながら、大口で頬を膨らませながら食べる姿が大好きです☆
posted by ミュウ at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャルサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18566838

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。