2006年06月11日

『ギャルサー』第9話。

ついにイモコが・・・?!
な〜んて思いながらも見た、第9話でしたが。
結局はイモコ(レミ)は妹子であって、ジェローニモが探していたのは芋子で別人ってこと(笑)
しかもこれだけ探せ探せって言ってた理由がそれかいっ!!(笑)
結局イモコは誰なんでしょ?

今回は、レミが本当はイモコという名前で苦しんでいたっていう話が中心。
イモコと呼ぶ人たちを次々と殴っていく。すげ〜(笑)
シンノスケは、
「呼ばなかったら、名前変わるのか?
  一生逃げ続けるのか?逃げることは心が休まらないこと。
       何やっても楽しくない。永遠に、イモコ幸せになれない」

そうやって「イモコ」と朝まで呼び続け、殴られ続けるんですね〜(笑)
イモコに恋しちゃった一ノ瀬まで。
でも・・・シンノスケの言ってることももちろん分かるけど、イモコの気持ちもよく分かるんですよね。
結局は、呼ばれ続けてもうなんとも思わなくなったのは結果として良かったのかな。

それにしても、レミと晶子?が姉妹で妹子と小町ってね(笑)
小町も、あれで変装してたの??ってぐらいだし。
しかも変装してやっと気づくギャルやシンノスケもどうなの?っていう(爆)

そして相変わらずジェローニモ面白すぎです(笑)
「の」の字のあるなしを語るのが面白かった〜!!
あの名台詞のために出てきた、中途半端なバ○ボンパパといい(爆)
「なんら関係ございませんにひゃくえん」って(笑)

「今週は例えなしかよっ!!」 残念〜!!

なにげに、小町が持っていたシンノスケの写真、どこで手に入れたのかが気になってますが(爆)
やっぱ隠し撮り??しかも2枚ありましたね??
捨てちゃうの〜??もったいないので、ちょうだいよ(爆)
しかも「私のカウボーイ☆」なんて言ってたのが、来週にはあんなにラブラブ??(笑)
どこがどうやって・・・(以下自粛 笑)

それはそうと、今回もシンノスケ、かわいさ満点!!
「の」の字の話で出てきたあのお花畑のシンノスケ。

otenbasanme.JPG

「この、おてんばさんめっ!!」かわいすぎます。
恋した一ノ瀬を応援したいとニコニコで追っかけるし。

何気にサキとのやりとりがかわいいですね。
サキが手当てされて痛がる姿を後ろで痛そうに見ている姿がツボでした(笑)

posted by ミュウ at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャルサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19141728

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。