2006年06月25日

『ギャルサー』最終回。

ついに終わってしまいましたね、ギャルサー。
ホントにこの3ヶ月間、あっという間でした。

前回、爆発に巻き込まれたシンノスケ。
エンゼルハートの皆が助かるようにと見守っている。
きっと助かるんだと思っていても、涙が出てしまいましたね。
回想シーンも、こうやってみると色んなことをしてたんだな〜って思ったり。

「命を粗末にする 良くない。
   1人で生きてきたと思うな。お前のお父さんお母さんに 失礼だ。」

シンノスケの生き返り方も、シンノスケらしくて良かったです。

そしてアリゾナに帰ってしまうのも、とっても寂しかったですね。
ギャルのみんなと同じ気持ちで見ていました。
最後の最後まで、エンゼルハートのみんなに言葉を残していきましたね。
それにしても帰る理由が、ジョージとは・・・(笑)
意外とあっさりでしたね。

そして気になっていたイモコの正体。
さらになぜ意識不明ながらも守り続けるあの帽子の謎(笑)
なるほど〜、シンノスケのお母さんが小さい頃に書いたものだったのね。
それをシンノスケが流したんだ〜。意外な事実でした。

そしてまた帰ってきましたね〜シンノスケ。海から登場!(笑)
しかも、「ウマコはどこだ?」ってまたかいっ!!
そしてまた手紙を持って来ればいいものの・・・(爆)

なんだか、続編やろうと思えば出来そうな終わり方でしたね。
ぜひまた戻ってきて欲しいなぁ〜。
といっても、ギャルサー解散してしまったら無理かな。

ホントにあっという間な3ヶ月間でしたが、想像以上に楽しめたドラマでした。

アリガトウ シンノスケ
     アリガトウ ギャルサー
          楽しいドラマを アリガトウ



それにしても毎回そうでしたが、あり得ないことが多すぎて笑えました。
まぁそれがまたいいところなんですけど。

意識不明なのにも関わらず、帽子を取ろうものなら必死で手で押さえるし。
最後の最後まで、おでこから上を見せませんでしたね〜。
ヘリに乗ってるときも上が見えなくってチクショー!みたいな(爆)
あんな広いアリゾナで、ジェロニモやモモちゃん探す一ノ瀬も大変(笑)
シンノスケが旅立つ前に、雷で感電しないの?!って感じだし。
最後にはイモコが分かったときのシンノスケ、海から登場かいっ!って。
しかも説明してる間、海にいてちゃんと聞こえてたの?っていう(爆)
まぁ話の内容も、あり得ない部分もギュッと詰まっていて、でもしっかりと伝わる部分はちゃんと伝わっていて。
気持ちのいい終わり方でしたね。

そして最後のエンディングは海岸でのパラパラダンス。
それがとっても良かったですね〜。
と同時に、これが最後なんだ〜って寂しくもなっちゃったんですけどね。。。

最後にシンノスケのいい顔を♪

shinnosuke11-1.JPG

カウボーイとオマワリが初めてちゃんと名前で呼び合っていて。
ジーンと来ました。もうここのシーンのシンノスケは最高にステキ!!

shinnosuke11-2.JPG

屋上でのシーン。ギャルに止められてる時の顔。
なんとも言えない表情がまた良かったです。

posted by ミュウ at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャルサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19834034

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。