2006年07月01日

『嫌われ松子の一生』

昨日ですが、やっと見に行けました『嫌われ松子の一生』
ほとんど予備知識はなくて、ただ予告を見てちょっと面白そうと思っていて。
地元の映画館ではパネルなどもあって、ただキャストが多いな〜という印象だけは軽くあって。
6月いっぱいで終了ってことだったので、慌てて昨日見に行って来ました。

とにかく松子の散々な一生が描かれていて、とてもかわいそうだな〜と思いつつも、でも笑っちゃうような。
きっとそれがいいんだろうな〜と思いました。
かわいそうってだけなお話だったら、ホントに映画自体重くなっちゃうし。
映像的にもファンタジックな感じだったり、ミュージカルっぽかったり。
最後まで飽きさせない感じでしたね〜。
といいつつも、最後の映像は・・・う〜んって感じだったんだけど(笑)

松子を演じるのは中谷美紀。私の中での印象は、映画『電車男』のエルメスそのものって感じだったんですけど。
そのイメージを覆すようなこの役、見事な演技っぷりでした。

そして何と言っても豪華なキャスト。
俳優はもちろん、お笑い芸人やミュージシャンまで、あらゆる人たちが出てきましたね。
ミュージシャンからすると、木村カエラボニーピンク、AIまで。
ボニーピンクやAIはやっぱりかっこよかったなぁ〜。
そして・・・気づいたのが。
この特徴ある横顔、輪郭。。。ん??ターボー?!
ちゃんとエンドロールで「岡口貴志」確認しました(笑)
こんなところに出てたとは〜!!

細かな笑いも面白かったです。
役名が分からないので俳優そのままの名で書きますが、
谷原章介演じる佐伯先生。ジャージのズボンを上げ直したり、真っ暗な夜でも白い歯をキラ〜ン☆って(笑)
瑛太演じる笙が、彼女に留守電に別れ話を入れられてるのに、
それよりも笙がライターに火が付かないのが気になっちゃって(笑)
何個も試して、急にボッと出るライターにすごいリアクション(爆)
思いっきり笑っちゃいました。
テレビの中の火曜サスに登場してる、片平なぎさもいい感じで出てきたり(笑)
とにかくキリがないほどの細かい笑いが組み込まれていて、飽きなかったです。

松子の最期はあっけにとられて、え・・・?みたいな。
それがまた悲しさをそそりました。
ただ純粋で一生懸命に生きて、数々の人に愛を注いでるんだけどそれが報われないのが残念。
でもそれが不思議と、このファンタジーな世界観を見ると悲しさがあまり感じないんですよね。
ってことは、松子にとって人生色々あったけれど幸せだったのかも?
なんて思いながら見ておりました。

とまぁ、長く書いてしまいましたが・・・(笑)
私的にはとても満足した作品でした。
posted by ミュウ at 21:56| Comment(3) | TrackBack(2) | CINEMA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは^−^
TBしたのでよろしくお願いします。
音楽も映像もキャストも豪華な感じの映画でしたね。
私はゴリの「ペロペロ」音に敏感に反応しちゃいました(笑)
話はかわりますが、このブログのデザインすごいですね!
とても愛情が伝わってきます^−^
Posted by izura at 2006年07月01日 22:16
ご無沙汰しております。「すもものもも。〜桃的雑記〜」の桃です♪
なかなか訪問&コメント出来なくてごめんなさい(>_<)
何より最近藤木さんそっちのけ(?)で、刺激的な(笑)記事ばかり書いてしまって、本当直人ファンの方には申し訳ないです。(汗)

『嫌われ松子の一生』ですか★
気になるタイトルですよね。
ご堪能されたようで何よりです。

桃は最近「ダ・ヴィンチ・コード」を観て来ました♪
そして帰ってから須賀ちゃん&真理ちゃんコンビのドキュメンタリー番組のビデオを観て復習しました。(笑)
覚えてます???

それではまた遊びにきま〜す★
これからもよろしくして頂けると嬉しいですv
Posted by at 2006年07月02日 02:13
>izuraさん
コメント&トラバありがとうございます。
豪華キャストですけど、ちゃんとしっかりと構成されてて。
セリフなしでも存在感がたっぷりだったり。
ホントにこの映画は楽しませてもらいました。
ゴリさんのペロペロ、良かったですよね(笑)
ブログのデザインも触れていただいて光栄です☆
また遊びにいらしてくださいね。

>桃ちゃん
私のほうもすっかりご無沙汰でスイマセン。。。
この映画、面白いからぜひ見てみては?
「ダヴィンチ・コード」も見たよ〜。
私も久々にあの特番を見て、また直人くんに惚れ直しちゃったりして(笑)

こちらこそ、またいつでも遊びに来てね。

Posted by ミュウ at 2006年07月02日 20:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20120997

この記事へのトラックバック

「嫌われ松子の一生」 (日、2006年)
Excerpt:     (C)2006 「嫌われ松子の一生」製作委員会 結構話題になってましたね。 原作もベストセラーだとか。 遅ればせながら見てきましたよ??^??^ 監督は「下妻物語」の..
Weblog: 無節操ニンゲンのきまま生活
Tracked: 2006-07-01 22:10

 「嫌われ松子の一生」  一緒に楽しく 虚しく 切なく 
Excerpt: 中谷美紀主演VS中島哲也監督 話題の映画 「嫌われ松子の一生」を 公開初日に観ました。 撮影中の「悪い」やりとりが 先行した感がありますが 初日の舞台挨拶で和解したとか? 物語は 「川尻松子」と言..
Weblog: bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ
Tracked: 2006-07-02 12:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。