2007年08月28日

『ホレスタ』 第20話。

20話ってすごい(笑)
26話まであるってのはホントですか??
ってことはあと6話で終わっちゃうんだ〜。ちょっと寂しい。。。

今回のゲストは、ケラリーノ・サンドロヴィッチさんと犬山イヌコさん。
失礼ながら、全然このお2人知らなかったんですけど。
事務所のHPで、古田さん座長の舞台『犯さん哉』の告知で知りました。
ケラリーノさんは、昔はミュージシャンだったりして、今は俳優もやり脚本も書き演出もし、何でもこなすようですね。
犬山さんとも長い付き合いだそうで、犬山さんはケラリーノさん率いる劇団の看板役者だそうです。
そしてこの方はやっぱり喋りが特徴ありますよね。
もちろん声優としても活躍されてるそうです。それも知らなかった私ですがね。。。
っていうか普通の声も聞けてビックリでした(笑)

ケラリーノさんの手が虫の手になってしまい、舞台の台本が書けないって悩みでした。
ってことでその対策も兼ねていつものトークへ。
やっぱり舞台の話が多かったですね。そういや八十山兄弟(八十田さん・山西さん)もこの舞台に出演ですもんね。

そんな中、樋口くんから電話が。
犬山さんの大ファンらしく(色んな人の大ファンなのね 笑)電話越しで月見そばの歌を歌って欲しいと社長に頼んで。
社長は変わりに自分の言うことを聞いて欲しいという約束をして。
犬山さんは55円で承諾してくれました(笑)
電話越しで歌を聴いて、「生きててよかったぁ〜」と涙ながら(笑)
そして社長は、どんな蕎麦でも作るという樋口くんに、「むしろ私のそばにいて」と。
あっさりと樋口くんに電話を切られるのでした(笑)

黒田が声優のお仕事のオーディションの話を持ってきて。
FAXで送られてきたキャラクターを見て一言。
まりもみは微妙だけど、やっぱ社長はじめケラリーノさん、犬山さんはさすがです(笑)
見事に犬山さんが合格したようです。

結局ケラリーノさんの手はミヅキの能力で元に戻り、
ついでに舞台の台本まで出すこともできた。
ってことで解決して帰っていきました。

今回樋口くんは電話越しで終わって残念。。。
次回は来てくれるかしら??
次回のゲストは、小西真奈美さん。
まりもみ担当マネージャーになったそうです(笑)
メガネ姿もなかなか素敵です。

posted by ミュウ at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ホレスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。