2007年10月24日

本日リリース日。

今日10月24日、直人くんの6枚目のニューアルバム『Reverse』がリリース!
考えたらもう6枚目のアルバムなんですねぇ。

ってことで、昨日から手にして聴いております。
また今回も1曲ずつ感想書いてみたいと思います。

今の段階でのこのアルバムのベスト3は・・・。
(シングル曲だったTuning Noteは別にして)

1.Dinosaur
2.陽はまた昇る
3.センチメンタルストリート


これはきっとまた何度も聴いてるうちに変動しそうですが。
今回も色んなタイプの曲が揃いましたね。
しかも結構歌うのも難しそうな曲ばかり。
ただ、もうちょっとガツンとしたロックな曲もあっていいかな〜とか思いました。
というのも、私がそういうのが好みだったりするので(笑)
でも、改めて作曲家さん方を尊敬しました。
すっかりお馴染みのシライシ紗トリさんや井出コウジさんも今回何曲も作っていて。
全く違うタイプの曲でビックリします。
ホントに音楽の幅が広いんだな〜と感心するばかり。
ライブではどの曲をやってくれるかも非常に楽しみです。

1.陽はまた昇る
おなじみの井出コウジさんの作詞・作曲。
アルバムの1曲目って、今までわりとギターガンガン聞かせるような曲があったりしたんですけど。
で、ライブではオープニング曲にっていうのがあったりして。
でも今回、あ〜これもありだな〜と思いました。
コーラスがあったり、ホーンセクションありの元気のある曲。
でも歌詞はちょっと切ない部分もあったりで。
曲調はとてもテンポが良くて気持ちがいいですね。
直人くんの歌い方もとってもかっこよくていいと思います。
1曲目で、アルバム自体にも勢いがつくような?さぁこれから始まるぞ〜!って感じがします(笑)
何気に「WOW〜」のあたりの流れが、WHAM!(ワム)の「FREEDOM」って曲を思い出させます(笑)
ってこの曲知らない人は分からないよね。。。(笑)

2.プラネタリウム
これまた井出コウジさんの作詞・作曲。
直人くんが前回のアルバムで泣く泣く外した曲だそうです。
ちょっとイントロとかメロディを聴いてると、ちょっと昔の曲っぽい感じ(笑)
歌詞はなかなか難しい表現が多かったりするんだけど、曲的にはとても分かりやすくて聴きやすいですよね。
「瞬きの中〜」の部分の声が好きです(笑)

3.Tuning Note
シングル曲ですね。
曲に対しての歌詞の乗せ方がちょっと変わっていて新鮮でした。
作詞はポルノグラフィティハルイチくん。
直人くんが部屋でギターを弾くイメージで歌詞を乗せてくれたそうですが、なんとなく分かる気がしました。
「僕は合わせられるかなぁ」なんて語尾の柔らかい感じがピッタリだと思います(笑)
同じギタリストだから、共通するギターのことを表現してくれたのも嬉しいですね。
最初のチューニングの音から始まるところがまたニクイ(笑)
歌詞としてもメロディとしても、2人の温かさが伝わってくるようで、とっても気持ちのいい曲です。
今までのシングル曲の中で、上位に来るぐらい好きになりました。

4.Dinosaur
直人くんの作詞・作曲。
最初、雑誌や会報でのライナーノーツを見てた段階で一番気になっていた曲だったんです。
実際アルバムを手にしてこれをまず最初に聴きました(笑)
やっぱり私好みの曲でした〜(笑)
まずメロディにやられましたね〜。とにかくかっこいい!
こういうロック大好きなんですよね。
プロデューサーから「ダイナソー」って聴こえるところから歌詞を乗せたという直人くん。
力強さ・たくましさが伝わってきました。
 「大地走り 空を裂け 今その力を見せろ
   僕らの欲望も 何もかも食い尽くしてしまえ!」

この歌詞が好きですね〜。
「食い尽くしてしまえ!」「踏み潰してしまえ!」
これはこれですごくいいと思うよ〜直人くん(笑)
そしてこの曲でダンスも意外とアリだと思うよ〜(笑)
  ※詳しくは会報・PATi-PATiのライナーノーツへ。
すっかりこの曲の虜になっております私です(笑)

5.Splash!
直人くん作曲によるインストです。
これまたいい曲ですね〜。まさに、水しぶきを感じる弾けた感じが心地いいです。
あ〜ぜひ『おしゃれイズム』でも使って欲しかった〜!(笑)
でもちょっとあのおしゃれな番組にしてはちょっと弾けすぎかな?
これを聴いて、なんか夏を感じるのは私だけでしょうか?
もう秋から冬だけれど、きっと夏に聴くとまた違うんだろうな〜って思いました。
アコギのソロがホントにかっこいい!アレンジの高橋圭一さんのソロをコピーして実際に直人くんが弾いてるけれど。
コピーするだけでもすごい!あまりギターが詳しくない私でもこれは難しいって分かります(笑)
ぜひライブで聴いてみたい曲です。
またいい顔で弾いたりなんかしちゃうんだろうなぁ〜♪

6.センチメンタルストリート
おなじみのシライシ紗トリさんの曲ですね。
ちょっと懐かしいようなメロディでポップな感じが気持ちいいです。
ちょっと切ない部分もあったりして、まさにセンチメンタル。
サビの部分がとっても聴いてて気持ちいいですね。
息継ぎなく言葉がずっと繋がってるのが結構あって面白いです。
歌う時は苦しくは・・・ならないかぁ(笑)

7.PARADISE
FLYING KIDS浜崎貴司さんが作詞・作曲。
実を言うと、FLYING KIDSはあまり知らないんですが。。。
これまた個性的な曲ですね。
Aメロとかとサビの雰囲気がガラッと違ってて面白いです。
Aメロ・Bメロの歌い方がちょっぴりセクシー?(笑)
これからもっと聴くと味が出てくる気がします。

8.ウインターワンダーラヴ
ポップな冬の曲ですね。この時期にすごく聴いていたい感じ。
今までの冬の曲って「SNOW」だったり「Shining Star」で、しっとりとした感じだったんですけど。
こんな冬の曲もいいな〜って思いました。
きっと私にとってこの辛い冬には、この曲でちょっと元気になれそうかな〜♪なんて思いました(笑)
聴けば聴くほど、意外とこの曲と直人くんの声がピッタリハマってるような気がします。

9.Partyはこれから
シライシさんの作詞・作曲。まさにシライシ節って感じ。
ソウルっぽい感じがかっこいいですね。
そしてなんと言ってもサビ。
これはライブでも盛り上がりそう〜♪(笑)
「Fu-Fu-Fu〜」って会場全体でやってる姿が目に浮かびます(笑)
これも聴けば聴くほど、直人くんの歌とハマってるような気がしますね。

10.ヤサシイヒカリ
浜崎さんの作詞・作曲。「PARADISE」とはまたガラッと違う曲調。
ドラマ『プロポーズ大作戦』『ホタルノヒカリ』もたまたま見ていて、何か運命を感じたという浜崎さん。
タイトルのように、ホントに優しさが伝わる曲。
歌詞を見てると、多田先生や高野部長、そして直人くん自身を重ねてしまいますね。
直人くん自身、浜崎さんも入れたという口笛。
口笛ってなんで、温かく感じるんでしょうね。

11.Oh,Yes
今回も最後、川村結花さんの作詞・作曲。また素晴らしい曲です。
どこか変わってる曲調がまた魅力なんでしょうね。
歌詞を見てると、やっぱり直人くんをイメージしてくれてるのかな〜って思いました。
「いにしえのRock Starみたいに生きれない僕は」とか、
「革命なんかガラじゃなくて はみだす勇気もなくて」とか。
直人くん本人も僕らしくて嬉しいなんてことも話してましたね。
う〜ん正直・・・もうちょっと直人くんの歌唱力が欲しいところでしたがね〜(笑)
でもきっと、また聴いてるうちに味が出てくることでしょう。


さて、皆さんはどう感じながらこのアルバムを聴かれていますか?
きっとまた色んな感想もあると思いますが、私的にはこんな感じです〜。
あ〜長かった(爆)

あ、最後にジャケットの話を(まだ書こうとする 爆)
正直、カメラ目線はやめて〜!って感じです(笑)
嫌な意味じゃないんですけどね。
それは何を隠そう、自分の奥の奥まで見られてるようでドキドキするからなんですよね〜(爆)
それはファンになってから未だにそうで、どうもカメラ目線が苦手です。。。
伏目がちが大好物だったりしますので♪
堅ちゃんはじっくりカメラ目線でも全然平気なのになぁ〜(爆)
ちなみにこのジャケットの中の、寝てるのが一番好きです☆


いよいよツアーもあと2日に迫っております。
初日に行かれる皆さ〜ん!
ぜひ会場一体となって盛り上がってきてくださいね〜!!

posted by ミュウ at 23:09| Comment(2) | TrackBack(0) | Naohito Fujiki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ミュウさん、こんにちわ。
私も昨日ようやく届きました〜♪
まだじっくりとまでは聴いていないけど、私は「Splash!」が好きです。
ちょっとラテン系で・・・
「spring」の第2弾で使ってほしいけど、
それにははじけすぎだから、内容ももうちょっと(U田さん以外の)はじけてもらわないと雰囲気合いません。(爆)
私も、もっとパンチのある全然イメージの違うものもありだと思います。
ここまで出してるんだったらねぇ・・・
でも前回アルバムからようやくインストが入ったくらいだから、直人さんが壊れるのは(?)もう少し先でしょうか?(笑)
Posted by ryoko at 2007年10月25日 09:20
>ryokoさん
Splash!もすごくいいですよね。
前回のインストに比べて、ちゃんとソロが聴けるし(笑)
ぜひライブで聴きたいですね♪

今回のアルバムもバラエティに富んだ、前回とまた違った楽しさがあると思いました。
それはそれでいいんですけど、やっぱり自分の好みってありますからね〜。
Posted by ミュウ at 2007年10月26日 00:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。