2005年09月02日

『星になった少年』

なんだかこのタイトルを聞くと、どうも思い出すのよね〜。
うちの姉がこの映画のことを『象になった少年』って(笑)
見たら、まぁそれも間違いではないのかな〜って思ったけど。

昨日見てきました〜『星になった少年』
主演は柳楽優弥くん。カンヌで最年少で最優秀主演男優賞取ったんだよね〜。
まぁその時の映画はまだ見たことないんですが。
なんとなく、織田さんを思わせるこの目つき(笑)

最後はどういう出来事が起こるか分かってはいたものの、やっぱり泣けましたね〜。。。
このお話は実際のお話だし。
たくさんの動物も出てくるんだけど、ホントにみんなかわいくって。
撮影も大変だったんだろうな〜と思いつつ、なんだか普通に見てました。
そして何より象とのシーンはとても微笑ましかったです。
まぁ以前某俳優さんのドキュメントで、象物語がありましたが(笑)
ホントに象って、とても神秘的というか、色んな能力があるんでしょうね。
主人公哲夢とランディとの心のつながりみたいなものも、すごく良く表れていた気がします。
言葉は分からなくても・・・って。
特に最後の別れのシーンは、涙を流さずにいられませんでした。
そうそう、坂本龍一さんの音楽もとっても素敵でした〜。

なんだか最後は悲しいお話になっちゃったけど、ホントに温かくなれる作品でした。


posted by ミュウ at 15:16| Comment(0) | TrackBack(1) | CINEMA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

残された家族の生き方を考えた◆『星になった少年』
Excerpt: 6月19日(日)試写会(TOHOシネマズ木曽川)にて どれくらい前のことだったかよく覚えていないが、「日本人で初めてタイに渡って象使いの勉強をし、象の楽園を作ることを夢見て亡くなっていった青年」のド..
Weblog: 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」
Tracked: 2005-09-02 19:05
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。