2008年01月16日

忘れないうちに3週分(笑)

ようやく、仕事も落ち着いたので。
いつものモードに戻していきたいな〜と思ってます。
そんなこんなで、イズムの感想も3週分溜まってたわ。。。(笑)
てことで、まとめて3週分!!

まずは昨年12月23日分(笑)のゲストは、森山未來さん。
ホントにこういうトーク番組に出演って珍しい。
ってまぁ、ちょっと前にも『ホレスタ』出てましたがね(笑)
もちろん、ホレスタでも一緒だった直人くんですが、その前に『愛し君へ』での共演がありました。
さて、いきなりの話題がキスシーンの話(笑)
やっぱり直人くんにも話が振られましたね〜。
上田さん的にはすごく気になるのか、こんなに話が膨らむとはね(笑)

そして水木しげるさんの大ファンだそうで。
妖怪の話になると止まらないですね。
すると水木さんご本人からの直筆サインをプレゼントされて。
いや〜これはたまらないでしょう!
筆ペンで水彩っぽくサラッと書かれたイラストもすごく良くて。
普通に羨ましいな〜なんて思いました。


そして年が明けて1発目。
1月6日放送は1時間SPってことでオールロケ♪
ゲストは蛯原友里さん&スザンヌさん。
エビちゃんは宮崎出身、スザンヌさんは熊本出身ってことで。
九州ロケなんですね〜。
直人くんの格好も、いいんだか悪いんだかって感じで(笑)
ブーツも、女子高生じゃないんだからみたいな(爆)
そしたら後に届いた会報にも同じ格好が(笑)
これって私服だったんだ・・・。

さてまずは宮崎でエビちゃんと行動。
最初に空港で東国原知事と偶然あったりするハプニングもありましたが(笑)
小学校に行ったり、中学の先生に会ったり。
そしてご両親と対面。やっぱ素敵なご両親。
またご両親の前で、上田さんは「この男、エビちゃんとキスしたんですよ〜」って(笑)
あ〜そういえばそうでしたね。
お父さんはやっぱり見れないみたいだけど、こういうのってお母さんは見ますよね(笑)
どうやらお母さん、直人くんのファンらしいです。

そして高校の時のお友達も合流して当時の色んな話を。
絵が上手いのにはビックリしましたね〜。
スポーツも出来るし勉強も出来るし、これだけかわいいし、ホントに羨ましい限りです。。。

それから鵜戸神宮へ。これまたいい景色♪
運玉っていう、ある穴のあいた岩に玉を投げて入ると願い事がかなうというものに挑戦することに。
見事成功したのは、エビちゃんと上田さんだけ。
泉ちゃんは持ち玉5個いっぺんに投げるし(爆)
「バチが当たるよ、バチが」って直人くん。
直人くんは・・・残念ながら願い叶わず。。。
「もうちょっと喋れますように」だったのに〜(爆)
ってことでやっぱり今年も上田さん、お願いします(笑)

最後は双子の妹・英里さんの手紙を。
双子って、嫌な部分もありつつ、なんかずっと友達みたいな感じでいいな〜なんて思っちゃいました。
きっと直人くんもこんな感じなんだろうなぁなんて勝手に想像しちゃ増した。

さてさて、次は熊本に移動。そしてスザンヌさん登場。
熊本といえば、上田さんの故郷でもありますから。
おばあちゃんのところへ行ったり、お母さんがやってるお店に。
ただやっぱり、おばあちゃんもお母さんもスザンヌさんの頭のことは・・・でしたねぇ(笑)


そして、1月13日の放送はスザンヌさんの回の続きで。
お母さんのお店で過去のスザンヌさんの答案用紙とか手紙とかを公開。
やっぱり昔から壊れてたのね。。。(笑)

そして場所を移動して馬刺し屋さんへ。いいなぁ〜。
直人くんも美味しそうに食べるし。
すると、上田さんのお兄さんが登場(笑)ホント良く似てる。
吹き出すところとかもそっくりだし。
スザンヌさんの母校に行っても、またお兄さん出てくるし(笑)
同級生も来て、思わぬところで上田さんの恥ずかしい過去が(爆)
またその過去を、生き生きとさらけ出そうとする直人くん(笑)
なんかそれが一番面白かったかも。

最後にスザンヌさんの実家へ。
また妹さんがかわいいのね〜。でやっぱり喋り方が似てる(笑)
頭はちょっと弱いってのは知ってましたけど(笑)美術は4だったそうで。
小学校の時の絵は確かに上手いな〜なんて感心しました。
それにしても・・・なんで純日本人なのにスザンヌなんでしょ?(笑)
やっぱりハーフみたいだったからかしら?
しかも、お母さんがキャサリンで妹がマーガリンって(爆)
良く分からない家族です。。。(笑)

こんなまとめでいいのか?(爆)


さすがに3週分は長いこと書いちゃいましたが。。。
次回のゲストは、プロゴルファーの上田桃子さん。
話題の賞金女王ですからね〜。
posted by ミュウ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | おしゃれイズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。