2005年10月13日

『1リットルの涙』第1話。

あらためて、「1リットルの涙」についてちょっと語ろうと思います。
カテゴリも追加しました。

「脊髄小脳変性症」
こんな病気があることも全然知りませんでした。
歩行時のふらつき・転倒、上手く字が書けなくなったり
言葉が上手く喋れなかったり、色んな症状が出てきます。
だんだんと体が動かなくなっていく・・・とても怖い病気ですね。
しかも、知能的には何の問題もないということ。
喋りたいと思っていても喋ることができない辛さ。
体を動かそうと思っても動かせない辛さ。
こんな病気に、亜也さんはどう立ち向かっていくのでしょう。
そして周りを支えていく家族や友人はどう対応していくのでしょう。

1話を見る限り、ホントにこの家族の温かさをすごく感じました。
ちょっと張り切りすぎだけど(笑)、すごく家族を大切に思っているお父さんに、
誰よりも家族のことを理解してるお母さん。
そして子供たち。妹は反抗期っぽいけど。

亜也さんの性格がとてもいいんですよね、きっと。
とても前向きで、素直に物事を言ってる気がするし。
これから、病気を抱えて強く生きていく亜也さんの姿を、
演じる沢尻エリカさんを通して。しっかり見ていきたいと思います。
自分の生き方みたいなものを、考え直す機会になるといいです。

まずは、いきなりのお声にビックリでしたね。
とても良かったと思います。

まぁ最初のシーンは別として、
なかなかお顔が見れませんでしたねぇ〜(笑)
じらす感じが良かったです(爆)
手だけショットもいいですね。

hiroshi.JPG

初のおヒゲありの先生でしたね。
とても落ち着いた感じが良かったと思います。
医者役もこれだけやれば、やっぱり成長しますわね(笑)
って、まだ最初の段階ですが。
これから亜也さんと関わることによって、どう変化していくのかも楽しみです。
posted by ミュウ at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 1リットルの涙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8085114

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。