2005年10月27日

『チャーリーとチョコレート工場』

やっとこの映画のことを語れる日が来ました(笑)
先週の土曜日に見てきました。
『チャーリーとチョコレート工場』です。
予告からずっとずっと気になっていました。
あの見た目でもおかしい(笑)ジョニー・デップといい。

全然知らなかったんですが、原作があるんですね〜。
イギリスでは、「ロード・オブ・ザ・リング」「ハリーポッター」などに続いて、
子供が好きな本のランキング上位に入っているそうです。
確かに、子供が好きそうなファンタジーな部分があったりしてとても楽しいんですけど。
ブラック・ユーモアも溢れていて。なかなか大人でも楽しい。
まずはあの、ジョニー・デップ演じる工場主ウィリー・ウォンカにはビックリ。
かなりインパクトありましたね〜(笑)

ゴールデンチケットを手に入れた5人の子供たち。
主人公であるチャーリーも、拾ったお金で買ったチョコでチケットを見つけて。
それぞれ付き添いを連れて、工場を見学するんだけど。
まぁすごい工場で。どれもこれも食べられるもの。
チョコの滝があったり、飴で作られた船でチョコの川を渡ったり。
チャーリーの他の4人は、どうしようもないヤツらばかりで(笑)
この4人たちはえらい目にあうんだけど。
最後に残ったチャーリーに、与えられたものは?

最後の最後まで、とても楽しいものでしたね〜。
かなり笑える部分もあったし。
何と言っても、働き者のウンパ・ルンパ族
いや〜かなり笑えました。何人もいるんですけど、全部同じ顔(爆)
どこの場所に行っても、格好は違うけど同じ顔がいっぱい。
最高に笑えました。
まぁその他にも、くだらな〜いと思いつつ笑える箇所がいっぱいあるんですけど。

私としては、かなり楽しめましたね〜。
最後にはちょっといい話であったり。
ぜひぜひ、機会があれば見てみてください。


posted by ミュウ at 22:22| Comment(2) | TrackBack(0) | CINEMA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「チャーリーとチョコレート工場」
とても面白そう〜
ミュウさん詳しくレポしていただいてありがとう。
チョコの滝?チョコの川?飴の船?
子供達は大喜びでしょうね。。。

こんな楽しい洋画なら眠くならないかもしれません。
65歳の夫は一緒に行ってくれないかも・・・
Posted by 満月かあさん at 2005年10月28日 15:47
>満月かあさん
こんなんで、分かっていただけましたか?
とても楽しかったですよ〜。
飽きさせないと思いますよ。
ぜひぜひ見てみてくださいね。
Posted by ミュウ at 2005年10月28日 22:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。