2005年11月09日

『1リットルの涙』 第5話。

「ごめんね」じゃなくて、「ありがとう」って言葉を大切にする

この言葉が、この回でものすごく印象が強いです。
なにかと歩行困難で、友達やみんなに迷惑をかけてしまう。
亜也が何度も何度も「ごめんね」って言ってるのがすごく辛かったですね。
何より、迷惑をかけたくないから自ら水分を控えていたのも。
それを知ったお母さんも、そして水野先生も辛かったことでしょう。

「誰にも迷惑をかけずに生きた人なんていない。
             君だけが特別なんじゃないはずだ」


水野先生のこの言葉がまた、亜也やお母さんに影響を与えたんでしょうね。
障害者手帳の話も、そして妹や弟たちにちゃんと話す決心がついたのでしょう。

家族でこうやって話をするシーン、やっぱり泣かずにいられませんでしたね。
亜也の病気を知った亜湖は、ショックと悲しみでいっぱいになったと思います。
ちょっと前から、何かおかしいと気づいていただけに、
実際こう言われてしまうと、辛いですよね。
お父さんの亜湖に対する言葉も、すごく温かくて。
普段馬鹿なことばかり言ってるけど(笑)ちゃんと見てるんだな〜と。
こんな2人にもすごく泣いてしまいました。
なのに・・・お父さん、「俺、ビビンバ」って、オイッ!!(爆)

遥斗が水野先生に問いかける。これって以前にあったんでしょうね?
遥斗も医者に対し、痛いところを突いてきますが。
「医者に出来ることなんて、たかが知れてるんだ」
こう言ってる本人も、やっぱり悔しい思いでいっぱいなんだと思います。

遥斗くんって、さりげない感じなんだけど、とても温かさを感じますね。
いつも素っ気ない口ぶりなんだけど。
それがかえって、亜也にとっては楽なのかな〜と。
最後の、先輩に電話してるシーンとかもすごくいいな〜と思いました。
これからも、遥斗が亜也にとって、
気を使わない安心していられる存在であって欲しいなと思いました。


5-1.JPG
何かと水野先生、やっぱり重要な役どころですね。
予告でも、結構重要なシーンがちゃんと入っていて。
なんだか、今まで数々の医者役を演じてきた直人くんだけど。
今まで一番頼もしいというか、信念をしっかり持っていてすごくいいと思います。
主治医っていうのは初っていうのもあるんでしょうか?
1人の患者をしっかりとケアする、人間味もそれなりに出ていますよね。

また次週の「力を貸してくれ!」が気になります。
posted by ミュウ at 22:00| Comment(3) | TrackBack(1) | 1リットルの涙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当、毎回泣かずにいられない・・
毎回涙の量も増えていってます。

ごめんねからありがとう〜
言われる周りも言ってる本人もきっとすごく救われたんじゃないかな。
そして、家族のありかた、社会のありかた、
考えさせられながらでも、普段気づかないことを気づかせてくれる
本当いいドラマだと思います。

もちろん、水野先生は相変わらずステキです(〃∇〃) てれっ☆
本当、一番医者って役をしてるかも。。
来週もタオル用意して待ちたいと思います。
Posted by エミ at 2005年11月10日 10:01
北海道に雪が降ったと聞きましたが、「粉雪」
だったでしょうか。。。
主題歌も挿入歌もステキですね。

12月1日にAAAライブに、Kさんとミオロメンが参加します。
それも我が家の近くの会場で。
早速サークルKに走りました。
生の「Only Human」「粉雪」聴いてきますね。
回を重ねるごとにドラマの世界に引き込まれます。
Posted by 満月かあさん at 2005年11月10日 16:56
>エミさん
ホント、毎週泣かされますね。
そして色々考えさせられますね。
忘れかけている大切なものを思い出させてくれるような。
水野先生は言う事なしでかっこいいですよ☆

>満月かあさん
雪は先日降りましたが、粉雪っていうほどのいいものではなかったです(笑)
生であの曲が聴けるんですね〜。
ホントに両方とも素敵な曲です。
あの曲に泣かされてる部分もありますよね。
Posted by ミュウ at 2005年11月10日 22:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9150010

この記事へのトラックバック

・「1リットルの涙」第5話ストーリー
Excerpt: ドラマ「1リットルの涙」。第5話のストーリーを書きます! 長いので、お時間のある時にどうぞ。(多少、言葉使いとか違うかも知れません。はしょりもありますがご容赦下さい!)※このドラマは多くの方に見てもら..
Weblog: たまちゃんのてーげー日記
Tracked: 2005-11-10 00:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。